058-383-1141
受付時間 8時~17時 (月~金)
- 文字サイズ +
Products
印刷範囲
全体プリント
本文プリント

自動車部品製造

樋口の部品は世界の「一億台」以上の車に搭載されています

当社では、ハイレベルな精度、強度の求められる自動車の重要保安部品を中心に、プレス加工、切削、溶接、樹脂成形など、クオリティの高い製品を生産しています。
特に私たちは、一枚の鋼板からプレスによって筒状の部品を作る技術、いわゆる「深絞りプレス加工」を得意としており、エアバッグやシートベルトなど、自動車に欠かせない部品として使用されています。

※エアバッグ関連部品出荷総数から算出。

自動車の「安全装置関連部品」を作っています。

  1. エアバッグ関連部品
  2. シートベルト関連部品
  3. サスペンション関連部品
  4. ETC関連部品
  5. ハイブリッド車制御ユニット用部品
  6. パワーステアリング関連部品

主要製品

(1)エアバッグ関連部品

自動車に搭載されるエアバッグは一般的に「火薬の爆発によって発生した気体がバッグに送り込まれ、人体に発生する衝突による衝撃を吸収する機構です。
バッグが膨らむための中に充填される気体は、火薬の爆発によるものですが、実はエアバッグが展開を完了するのは約0.03秒しかかかりません。その速度で気体を膨張させる圧力に耐えるため、圧力容器「インフレータ(充填器)」が必要です。

樋口製作所ではその「インフレータ」を1997年から生産しています。2012年現在で、その生産数は乗用車 一億台分を突破し、なお、その生産数を増やしています。

材料に『超・超高張力鋼板』を用い、高強度かつ小型化、軽量化などのメリットをお客様にご提供できるよう日々取り組んでいます。
SA1-1

(2)シートベルト関連部品

シートベルトは、「 乗車時に体を保持し、また事故の際に衝撃を吸収し、ステアリング・ダッシュボードへの衝突や車外への飛び出しから人間を守る為のベルト」です。

実は事故が発生した時に、「ベルト自体が巻き戻り、人体をガッチリとシートにホールドする」機構はこれらの部品に内蔵される「火薬」の発火によって瞬時に行われます。

事故の衝撃、またその時発生する部品自体への荷重負荷に耐えうる高精度な部品群です。

(3)サスペンション関連部品

自動車が地面から受ける振動を吸収する機構として「サスペンション」があります。
サスペンションは主にバネの弾性変形による衝撃吸収が主な機構ですが、バネだけでは、車の重みによって「伸び縮み」が一向に収まらず、車の乗り心地を損ねることになります。

そこで、ショックアブソーバー(減衰器)と呼ばれるダンパー機構を盛り込み、上記のバネの伸び縮み運動を収束させる機能があることで、自動車は快適な乗り心地を確保できるのです。

樋口製作所ではサスペンションを構成する「バネの支持部品」やショックアブソーバー内部の「油圧シリンダーの摺動部品」、「ブレーキホース用部品」など、自動車の乗り心地を左右し、またハンドリングによる足回りの荷重移動に耐えうる高精度な部品群を生産しています。
SA1-1

(4)ETC関連部品

ETCは「高速道路料金所の自動料金収受システム」のことです。
 ETC車載器は主に自動車メーカーが新車販売時などにオプションとして販売する「内蔵タイプ」とカーディーラーやカー用品店で購入する「外付けタイプ」があります。
樋口製作所では、上記の「内蔵タイプ」「外付けタイプ」双方の「ETC車載器固定部品」を生産しています。製品を構成する材料板厚は薄く作られていますが、高精度な平面度を有する部品です。

 ハイブリッド車制御ユニット用部品 他

  •  ハイブリッド自動車のパワーユニットモジュール放熱板
  • エンジンの振動を検知するノックセンサ用部品
  • 等…

樋口製作所では上記のような「安全装置関連部品」はもちろん、自動車向け部品に関しての、

  • 部品を製造する金型
  • 金型に付帯する生産設備
  • 部品製造・加工

「全てまとめて」お引受けいたします!

自動車向け部品開発のご提案~製品納入までの流れ。

130228_nagare

納入までの流れ

受注前のお問合せ、概算お見積りは無料で承ります。

お気軽にお問い合わせください

お見積りのご依頼は。
電話でのお問い合わせ(平日:8時~17時)

058-383-1141

フォームでのお問い合わせ(24時間受付)

タグ :

受付時間 8時~17時 (月~金)
ページの先頭へ