058-383-1141
受付時間 8時~17時 (月~金)
- 文字サイズ +
Technology
印刷範囲
全体プリント
本文プリント

SAPH440材 深絞りプレス 加工事例

SAPH440材 超深絞りプレス 加工事例

技術概要

金属プレス「深絞り加工」技術は、弊社が最も得意とする加工方法です。
油圧プレス、及び汎用クランクプレスを用いて生産を行います。

SAPH440 超深絞りプレス加工SAPH440 超深絞りプレス加工

特徴

SAPH=自動車構造用熱間圧延鋼板(JIS G3113)は本来自動車フレーム、足回りなどに使う材料です。写真の製品は2.0mmの板厚ながら、「超深絞りプレス加工」技術で、一枚の板から写真の形状まで絞り上げます。

また(全長÷外径)率はそれぞれ、300%以上の寸法を確保しています。

これらの生産する金型はすべて社内生産です。

このことでお客様の開発におけるイニシャルコストを抑えることが可能です。

加工実績の例

絞り高さ 180mm
  外径  Φ50mm 

絞り高さ 200mm
  外径  Φ61mm

樋口製作所では上記のような「SAPH440材の超深絞りプレス加工」をはじめとして、

  • 部品製造
  • 部品加工
  • 部品を製造する金型
  • 金型に付帯する生産設備

「全てまとめて」お引受けいたします!

自動車向け部品開発のご提案~製品納入までの流れ。

画像のALT納入までの流れ

受注前のお問合せ、概算お見積りは無料で承ります。

お気軽にお問い合わせください

受付時間 8時~17時 (月~金)
ページの先頭へ