058-383-1141
受付時間 8時~17時 (月~金)
- 文字サイズ +
Technology
印刷範囲
全体プリント
本文プリント

テクニカル・トレーニング・サークル【TTC】

発想を支える社内サークル活動

テクニカル・トレーニング・サークル(TTC)とは

TTC(テクニカル・トレーニング・サークル)の目的は、次世代のオンリーワン・テクノロジーの模索と開発です。今の技術で世の中のニーズ対応できていても、5年後、10年後はどうなってしまうかわかりません。

世の中のニーズの変化に柔軟に対応できるよう、現状に満足することなく常に新しい技術を探求し続けます。

サークルの活動方法

製造、設計、開発などの部署の枠を超えてチームを作り、チームごとに材質や工作機械、加工技術など様々なテーマを設定し、新しい技術や製品を研究・開発する活動です。
研究の成果を定期的に行い、社内で最新技術の情報共有を推進します。
優秀な研究成果を修めたチームには社長から賞が授与されます。

第6回 TTC研究事例発表会 レポート

ttc1

概要

2008年9月20日に「第6回TTC研究事例発表会」が開催されました。

省エネルギーの研究やマグネシウム形成の量産化など10組のプロジェクトチームが出場し、発表を行いました。

素材特性研究に依る不具合低減を目指す、「素材研究グループ」の研究成果が前回に引き続き2度目の金賞に選ばれました。

素材研究グループの研究内容

カチオン塗装化成皮膜の研究

画像のALT

リン酸亜鉛被膜の防錆力と密着力の良否判定の仕方を研究し、判定の基準を確立しました。。

非破壊検査の研究

非破壊検査とはモノを壊さずに内部構造や状態、欠陥の有無などを知るための検査で、 この研究の成果により、万能試験機による溶接強度の破壊検査を廃止でき、定刻時の検査のたびに製品を破壊しなくてすむので、コストダウンと時間短縮が可能になります。

32756_image007[1]
*溶接部品の溶接強度OK,NG品が
見極められるかを実験
磁気センサーを使用し、磁束を試験体に投下させることによって、導体の“内部”の状態を検知することができます。

  1. 汎用磁気センサをセンサ固定ステーに取り付け、ワークを回転台裏向きにセットする。
  2. 下の図のようにワークを回転させて溶接部分の中心を通るように設定。
  3. 1回転(/2S)させることにより、 溶接部分2ポイント (V1、V2)通った時の出力電圧の振れ幅を測定する。

222[1]

kekka[1]

現在ではこのような研究活動が実を結んだ結果、開発グループが誕生し、さらなる加工研究、素材研究が進んでいます。

 受注前のお問合せ、概算お見積りは無料で承ります。

お気軽にお問い合わせください
お見積りのご依頼は。
電話でのお問い合わせ(平日:8時~17時)

058-383-1141

フォームでのお問い合わせ(24時間受付)

受付時間 8時~17時 (月~金)
ページの先頭へ